VTI(Vanguard Total Stock Market ETF)って知ってますか?

こんにちは、ともはちです。

今日は、米国ETFのVTI(Vanguard Total Stock Market ETF)のご紹介です。

VTIとは?

バンガード社が取り扱っているETF(上場投資信託)の一つで、CRSP USトータル・マーケット・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指しているインデックスファンドですね。投資先は下記の割合で投資されています。

投資セクター 割合
Basic Materials 2.5%
Consumer Goods 8.1%
Consumer Services 13.2%
Financials 19.9%
Health Care 12.7%
Industrials 12.9%
Oil & Gas 6.1%
Technology 19.9%
Telecommunications 1.8%
Utilities 2.9%

CRSP USトータル・マーケット・インデックスとは?

CRSP USトータル・マーケット・インデックスは、米国株式市場の株式を大型株から小型株まで幅広く網羅し、投資可能銘柄のほぼ100%となる約4,000銘柄で構成された時価総額加重平均型の株価指数です。現在VTIの投資銘柄は、複数の業種に分散しており全部で3,654の組み入れ銘柄がありますのでVTIだけで米国内の銘柄に幅広く分散投資が可能です。

VTIの投資先は?

VTIの上位トップ10の投資先は下記のとおりです。全米屈指の成長銘柄です。個別株に投資するならVTIに投資した方が分散投資できますのでリスク低減できますね。

1 Apple Inc.
2 Microsoft Corp.
3 Amazon.com Inc.
4 Alphabet Inc.
5 Facebook Inc.
6 Berkshire Hathaway Inc.
7 JPMorgan Chase & Co.
8 Exxon Mobil Corp.
9 Johnson & Johnson
10 Bank of America Corp.

VTIの競合となるETFは?

VTIの競合となるETFは、VOO、IVVです。VOO、IVVは、VTIと異なりS&P500の指数に連動することを目指しています。どちらも良いファンドですが、投資先の数から考えるとVTIの方が投資銘柄が大型株に集中しておらず、トータルパフォーマンスの高い中小型銘柄にも投資しているため、良いパフォーマンスを出す可能性があると考えています。

配当利回りは?

VTIはVYMと異なり、成長銘柄中心ですので基準価額の値上がりが中心のため、配当利回りは高くありませんが、4半期毎に配当があり現在年間で約1.6%程度の利回りがあります。

経費率は?

手数料になる経費率は、非常に低コストで0.04%です。同社のVYMの経費率と比較してもさらに低く、驚きの低コストです。

ETFの基準額は?

基準額は、徐々に上がってきています。今年に入ってから基準額の上がり下りが大きくありましたが、長期観点で見ると米国市場全体の成長に伴い右肩上がりです。

VTI

出典:Google Finance

管理人、ともはちは投資しているの?

現在32株を保有しています。最近は基準額が伸び悩んでいたVYM中心に買い増しをしていましたが、VTIもタイミングみて買い増していきたいと考えています。

まとめ

VTIは分散投資を考えるなら、米国ETFの中でも屈指のオススメ銘柄の一つです。直近のパフォーマンスだけを見ていると上がり下がり激しい印象ですが、長期的には米国の成長が続く限り右肩上がりの銘柄です。短期パフォーマンスを考えるなら個別株ですが、安定的に配当をもらいつつキャピタルゲインも得られますので、中長期ホールドしていくには最適です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする