スプリックスのIPOに参戦するべきか?

こんにちは、ともはちです。

今日は、スプリックスのIPOの紹介です。

スプリックス

2018年7月3日追記

初値は、2,587円とややプラスリターンとなりました。予想より人気化しませんでしたねぇ。

スプリックス

スプリックスは、個別指導学習塾の運営を中心とした、教育サービス事業を行っている会社です。

ビジネスモデル

学習塾、教育関連サービスがありますが、学習塾が売上の多くを占めています。学習塾の方は個別指導という特性上、労働集約なビジネスのため、人件費を抑え利益を出していると考えられます。対して、学習塾のノウハウを還元できる教育情報関連サービスは原価を抑えることで利益を得ていると考えられます。

ビジネスモデル

財務状況

教室数の拡大により、売上高は急激に成長しています。中高生限定SNS「ゴルスタ」の終了に伴い、利益が改善しています。

「ゴルスタ」については、ビジネス上、本業とのシナジー効果がある意味のある投資だったのか難しいところですが、本サービスの終了により、経営状況としては利益率改善の方向にあり、財務状態は良好と言えます。

また、今後の成長性についても、少子化の中、教室数をどの程度まで拡大していけるかがカギと考えられますが、現時点ではまだ成長段階にあるため、良好な状態にあると言えます。

IPOの概要

東証一部または東証二部に上場予定です。申し込みは、6月12日から18日まで。当選数は、6,362,000株です。申し込みは、一口100株ですので、63,620口の当選があります。公募数も多く当たりやすい状況です。

ブックビルディング期間 2018年6月12日から6月18日まで
公開価格決定日 2018年6月19日
申込期間 2018年6月21日から6月26日まで
上場予定日 2018年6月29日
公募株数 412,500株
売出し株数 5,119,700株
OAによる売出し株数 829,800株

出典:日本取引所グループ 新規上場会社情報

主要株主

有限会社フラットストーン 7,927,500株
平石 明 6,494,250株
常石 博之 1,293,750株
株式会社三菱UFJ銀行 172,500株
三菱UFJキャピタル5号投資事業有限責任組合 750株

出典:日本取引所グループ 新規上場会社情報

IPO初値予想

仮条件は、2,180円〜2,400円です。1株あたりの想定価格は2,180円、1単元は100株です。そのため、購入価格は218,000円になる見込みです。公募数は多いですが、収益性と成長性を考慮し、初値は3,200円から3,500円程度になると想定しています。

想定価格 2,180円
初値予想 3,200円〜3,500円
初値 2,587円 (公募価格比 +187円)

狙い目証券会社

野村證券です。

野村證券、大和証券、SMBC日興證券、みずほ証券、極東証券、SBI証券、エース証券、岩井コスモ証券から申し込みが可能です。

管理人の参加スタンス

参加予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする