NISA(少額投資非課税制度)はどうやって活用するの?

こんにちは、ともはちです。今日はNISAの紹介です。

NISAって名前は知っている人は多くても活用している人は意外と少ないような気がしています。上手く活用するとかなりの節税効果がありますので、お気軽投資家としては有効に使っていきたいところです。順に説明していきます。今回の紹介は通常のNISAです。積立NISAについては、別途説明します。

NISAとは?

2014年にスタートした個人投資家のための非課税制度です。無条件に非課税となるわけではありません。非課税となる条件は以下のとおりです。

  1. 年間120万円まで
  2. 最大5年間
  3. 1人1口座まで

上記条件を満たせば、NISA口座での取引は20.315%の譲渡益課税が非課税になります。NISA口座は一人1口座のみ作ることが可能で複数の証券会社でNISA口座を持つことはできません。

NISAのメリットは?

20.315%の譲渡益課税が非課税になることです。儲けが少額の場合、あまり恩恵を感じない方もいるかもしれませんが、今年管理人が当選したアジャイルネットワークのようなIPOをNISA口座で取引していた場合は、約120万円の売却益に対してかかる約24万円の税金を非課税にできるため、大きなメリットがあります。

NISA口座で米国株を取引した場合、米国株の売却益も同様に非課税にすることが可能です。

NISAのデメリットは?

下記の二つがNISAのデメリットです。

  1. 損益通算ができない
  2. 損失の繰越ができない

NISA口座とそれ以外の口座では損益を通算することができません。そのため、NISA口座で損失を出し、特定口座や一般口座で利益を出していた場合、損失分を利益から減算することはできず、利益額分だけ課税されてしまいます。また、NISA口座での売買で損失が出た場合に損失の繰越を行い、翌年の税金を抑えることはできません。NISA口座で損失が出てしまった場合は要注意のデメリットです。

NISAはストックオプションで利用できるのか?

もらっている人はもらっているストックオプション、税金分が引かれないようにNISA口座を利用できればと考える人もいるかと思いますが、残念ながら利用できません。

どの証券会社でNISA口座を作るか?

管理手数料、選べる投資商品から考えると、SBI証券、楽天証券あたりが良い選択です。

管理人はどう運用しているのか?

SBI証券にNISA口座を開設しています。NISA口座の使い道は、主に中長期保有の高配当株とIPOです。IPOで高額の売却益を得るケースで利用するのが一番お得ではありますが、当選確率の問題がありますので、IPOはうまく枠が残っていれば利用する形が良いと思います。

まとめ

NISAは、投資を行う人が誰でも使える大事な非課税枠です。最大限活用しましょう!ただし、損失が出てしまった場合は、デメリットがありますのでその点は要注意です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする