コーア商事ホールディングスのIPOに参戦すべきか?

こんにちは、ともはちです。

今日は、ジェネリック医薬品の製造販売を手がけるコーア商事ホールディングスのIPOについて紹介します。

コーア商事ホールディングス

2018年6月26日追記

コーア商事ホールディングスの初値は、4,000円となりました。

意外に人気化して予測していたより高騰しましたねぇ。当選した皆様おめでとうございます!!

コーア商事ホールディングス

コーア商事ホールディングスは、ジェネリック医薬品の製造と販売を手がけている会社です。

ビジネスモデル

ジェネリック医薬品は、先発薬の開発リスクをヘッジし、開発費用を抑えることで先発薬と同等の薬効を持つ医薬品を安く提供しています。そのため、製造販売費用を押さえることが重要です。

財務状況

全体的には、売上の成長は鈍化しています。競争環境が厳しい中で、収益性重視で製品ラインアップを整理したことも影響していると考えられます。結果的に営業収益は改善傾向にあります。

IPOの概要

東証二部への上場です。申し込みは、6月5日から11日まで。当選数は、425,000株です。申し込みは、一口100株ですので、4,250口の当選があります。当選本数は少なめです。

ブックビルディング期間 2018年6月5日から6月11日まで
公開価格決定日 2018年6月12日
申込期間 2018年6月13日から6月18日まで
上場予定日 2018年6月21日
公募株数 180,000株
売出し株数 189,600株
OAによる売出し株数 55,400株

出典:日本取引所グループ 新規上場会社情報

主要株主

首藤 利幸 2,219,880株
堀江 淳子 197,850株
岡澤 紘一 146,850株
石渡 聰明 93,130株
小角 真理 67,000株
増井 正樹 41,220株
大塚 里津子 40,610株
池田 慎也 37,110株
大澤 仁生 28,350株
小松 美代子 22,010株
長田 純 21,160株
立川 彰 16,350株
森山 昭彦 15,410株
松隈 由佳 11,090株
野口 育男 9,950株

出典:日本取引所グループ 新規上場会社情報

IPO初値予想

売上高の伸びの鈍化がありますが、IPOとしては人気の医薬品関連のため、一定の上昇が見込めると考えられます。1株あたりの想定価格は2,590円、1単元は100株です。そのため、購入価格は259,000円になる見込みです。初値については、売り出し価格をやや上回る3,000円〜3,400円と予測しています。

想定価格 2,590円
初値予想 3,000円〜3,400円
初値 4,000円

狙い目証券会社

申し込みができるのは、三菱モルガン・スタンレー証券、みずほ証券、SBI証券、いちよし証券です。

三菱モルガン・スタンレー証券、みずほ証券が狙い目です。

管理人の参加スタンス

医薬品関連ではありますが、東証二部案件であること、今後の成長性についても大きな可能性を秘めている感がないことから、初値は売り出し価格をやや上回る程度で形成される見込みですので、大きく儲かる銘柄ではありませんが、参加予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする